肝斑の原因は摩擦?!

婚活を極めた男 > 肝斑 > 肝斑の原因は摩擦?!

肝斑の原因は摩擦?!

頬の高い位置に左右対称に出来る色素沈着を肝斑と言いますが、この肝斑の出来る要因の一つに摩擦があると言われているそうです。

 

頬の高い位置=皮膚が薄い部分=日頃から摩擦が起こりやすい事から、肝斑要因の一つとされているようです。なので、普段やってしまっている何気ない習慣を少し見直してあげるだけで、予防につながります。

 

肌への摩擦を防ぐための習慣。まず一つ目は、クレンジングの際は肌は絶対に擦らず、洗顔もたっぷりの泡で直接指が肌に触れてしまう事なく洗う事です。何となくイメージ出来るでしょうか。よくCMなんかでも見かけるふわふわホイップ泡で…のあの感じです。優しく丁寧に洗ってあげます。これは肌全般のスキンケアでも大切な事のような気がします。

 

二つ目は、タオルでごしごし擦らない事です。これはおのずと知れているでしょうか。乾燥肌対策と言う点でも良くなさそうです。水分をタオルに吸いとらせるように優しく押し当てます。

 

そして三つ目に、枕の上にタオルを敷かない事です。え?何で?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、寝ているときって寝返りを打ったり、うつ伏せになってみたり、知らず知らずの内にしている事があると思います。無意識にしている事なので、 加減も出来ないまま肌はタオルの上を行ったり来たり…擦られてしまいます。同じ動作をしていても、タオルを敷いていない方が摩擦を軽減出来ると言う事です。

ちなみに、シミや美白対策として人気の高いハイドロキノンクリームですが、紫外線によるシミに効果を発揮しますが肝斑にはあまり効果を発揮しないようです。

こういった普段の習慣を少し見直してあげる事で、肝斑予防につながると言われています。ただ、上記の事は肌を丁寧に扱うと言う点でも、乾燥や肌荒れ、シミ対策にもなるのではないかと思います。